<   2008年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

田中康夫さんの代表質問から構造を読み取る

「田中康夫さんの代表質問」から、日本社会の構造を語っている部分を読み取り、その構造の下での問題の解決の主張という解釈で、その語っていることの理解を図ってみよう。なるほどと思えるような全体性の把握が出来、それならこのような対処が正しいだろうと感じられるかを考えてみよう。まずは次の文章を引用する。


「私は2000年10月、信州・長野県の知事に就任しました。戦後の公選知事は、私以前に僅か3人。前任2人の公務員出身者が41年6ヶ月、議員と職員と知事の“仲良しピラミッド”を続ける中で、財政状況は47都道府県でお尻から数えて2番目の状態に陥っていました。
 借入金に掛かる利息の支払いだけでも、1日当たり1億4800万円に達していたのです。そのまま手を拱いていたなら、3年後にも財政再建団体への転落は不可避。待ったなしの危機的状況でした。
「『脱ダム』宣言」を切っ掛けに不信任決議を議会から突き付けられ、失職を経て出直し知事選に打って出た私は、都合6年間の在任中に、後述する様々な取組を実行し、その結果として、47都道府県で唯一、6年連続で起債残高を減少させ、同じく全国で唯一、7年度連続で基礎的財政収支=プライマリーバランスの黒字化を達成しました。
 無論、その成果は、住民や職員の深い理解と篤い協力が有ったればこそです。その間、 “現場主義・直接対話”の精神で職員や住民に、「発想を変え・選択を変え・仕組を変えよう」と訴え続けました。
 ヤマト運輸株式会社“中興の祖”として知られる小倉昌男さんを委員長に起用し、天下りと補助金の伏魔殿と化していた全ての外郭団体をゼロベースで見直したのも、その一環です。委託料・補助金・負担金と職員派遣の全面的見直しに留まらず、団体の廃止・統合・縮小を敢行し、見直し比率は既存54団体の96%にも及びました。それは、今は亡き小倉昌男さんが最後に手掛けた公的仕事です。」


ここに語られているのは、まずは長野県の財政状況だ。それは非常に大きなな財政赤字で、普通の方法では全く解決が出来ないのではないかと思われていたものだ。しかし結果的に「6年連続で起債残高を減少させ、同じく全国で唯一、7年度連続で基礎的財政収支=プライマリーバランスの黒字化を達成」している。これは長野県の産業を活性化し、長野県の景気を浮揚させて解決に至ったのだろうか?

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-10-07 09:36 | 政治

麻生首相の所信表明演説の評価から「うまい説明」を考える

国会では麻生首相の所信表明演説を受けて今論戦が行われている。対立する側が、その不備を指摘してマイナスの評価をするのが当然なら、それを支援する与党の方は、優れている点を指摘してプラスの評価をすることになるだろう。これはどちらにも一理ある議論になると思われる。プラスにもマイナスにも評価できる議論を、総合的に見ればどうなのかということで評価をまとめるのはかなり難しい。

自分の立場がはっきりしていれば、それは反対の立場を考慮する必要がないので分かりやすいだろうが、あくまでも客観的に正しい方に近づきたいと思えば、何が客観的かということにこだわらなければならない。双方の主張の中に、対立する立場からのものではあるが、客観性を感じてなるほどと思えるような「うまい説明」が見つかるだろうか。

専門家でない素人は、その知識量が少なく、しかも提示された資料を読み間違えたり錯覚をしたりする。客観的な真理をつかむ条件はきわめて悪い。この状況の中で、誰が提示する主張が信じるに値するものであるのか、そのことを考えてみたいと思う。普通の人にとって、麻生首相が語ることが正しいかどうかを直接確かめることは難しい。それを説明する、あるいは批判する誰の言説が正しいのかという判断の方が、直接考察するよりもやさしいのではないかと思う。「コロンブスの卵」は、その立て方を知った人は二度目には誰でも出来る。「うまい説明」は、最初に発見するのは難しいが、誰かがそれをしてくれれば、同じようなことを考えようとする二人目は、そのことを容易に理解するのではないかと思う。

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-10-06 10:15 | 雑文

個室ビデオ店放火事件の背後に潜む構造

個室ビデオ店放火事件に関しては多くの新聞がそれを社説として論じている。それは、この事件を単なるニュースとして扱っているのではなく、ここに現代日本が抱える問題点が象徴的に現れていると判断しているのだろう。だが、各社が語るその問題提起は、どうも当たり前すぎて心に響いてこない。確かに分かりやすいのだが、その解決は果たして可能なのかという疑問符がつくような気持ちを感じている。

容疑者の身勝手な犯行を非難するのはもちろん当然だが、各社が主に論じているのは、被害がこれだけ拡大したことの原因についてだ。それは主に防火施設の問題として取り上げられている。これもたいへんに分かりやすい。火災報知器の作動がもっと確かなものであれば、施設の管理に当たる従業員が避難誘導を的確にしていれば、火災が発生したときの避難通路が本当に非難できるような実効性を持っていれば、など様々な点の不備が指摘されると、それが問題だというのは誰にでも理解できる。

それではこの問題の解決法として提言されているものにはどのようなものがあるだろうか。多くは規制の強化など、人間の意識(倫理観とでもいおうか)に訴えかけるものになっているように見える。しかしそのように規制を強めて、意識を高めれば問題が解決して、防災体制が整っていくようになるだろうか。意識を高めて問題を解決するという方向は、社会的な問題の解決に当たっては疑問を持たざるを得ない。むしろ、倫理観が低くても大きな被害が出ないようなストッパーとしての働きを持たせることが必要なのではないか。道徳心が高ければ社会の秩序は維持されるけれど、道徳が崩壊すればやりたい放題だというような社会では安心して生きていくことは出来ない。道徳に頼らずに安定をもたらすような工夫はないだろうか。

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-10-05 14:04 | 社会

形式システムにおける証明の概念

『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(ダグラス・R・ホフスタッター著、白揚社)という本の第2章「数学における意味と形」に「pqシステム」と呼ばれる形式システムが紹介されている。この本は、ゲーデルの不完全性定理の「うまい説明」を語るものだが、そのためには700ページ以上の文章を必要としている。この形式システムの説明では、形式システムにおける「証明」ということが、一般的に日常言語で語られている「証明」とどのように違っているかが説明される。ゲーデルの不完全性定理の理解には、この区別を理解することが必要なのだ。

この章では、普通の意味での「証明」の例として素数が無限に存在するということを証明する「ユークリッドの定理」が紹介されている。これとの比較で形式システムの「証明」を考えると分かりやすいかもしれない。素数というのは中学校程度の数学の知識で理解できるし、ユークリッドの証明もおそらく中学程度の数学の理解があれば判ると思うからだ。

素数は「1とその数自身以外に約数を持たない数」と定義される。具体的には

  2,3,5,7,11,13,17,19,23,29,……

というような数が素数になる。1は素数の中に入れない。これは素因数分解の一意性を保証するためである。1を素数に入れてしまえば、因数としての1は何回でも使えるので素因数分解がただ一つに決定しなくなってしまう。

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-10-04 20:20 | 論理

うまい説明とは

仮説実験授業研究会の牧衷さんという人が『運動論いろは』(季節社)という本を書いている。牧さんは、いわゆる市民運動の専門家で、そこには長年の経験から得られた豊富な知識と教訓が語られている。運動という予測のつかない、ある意味では混沌とした対象から、いかにして法則性を読み取るかという認識論がそこにはあり、それは現実の持っている複雑性を理解するために、弁証法的発想を利用するというものになっている。弁証法の具体的な応用のすばらしい解説書ともなっている。

そこに牧さんの「慣性の法則」の理解に関する体験が語られている。「慣性の法則」というのは、「静止している質点は、力を加えられない限り、静止を続ける。運動している質点は、力を加えられない限り、等速直線運動を続ける」というふうに語られる。これは、静止の場合については誰でも経験しているのでその理解はたやすいだろう。論理的な思考なしに、体験から直接そのような「感じ」を理解することが出来る。

しかし「等速直線運動」の方は、我々は直接体験することは出来ない。力を与えられていないように見える物質は、地球上ではいつか止まってしまう。(そこには摩擦力などが加えられているのだが、これは目に見えるようにはなっていない。)いつまでも動き続けるということはない。この「等速直線運動」は、それを想像させるようなうまい実験を利用しないとなかなか理解が難しいだろう。言葉の上で、「慣性の法則」は上のように書かれているというのを記憶しただけでは理解に至らないのではないかと思う。言葉で覚えている「慣性の法則」は、それを説明することは出来ても「うまい説明」とはならないだろう。

説明が説明として機能するためには、その説明によって今まで分からなかったところが分かるようにならなければならない。言葉で覚えているだけの、暗記した言葉の説明は、それがすでに分かっている人には分かるだろうが、まだ理解に至っていない人にとっては何を言っているのかさっぱり分からない。それは全く説明という言葉に値しないのだが、そのような丸暗記の言葉であってもテストでは正解になったりする。

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-10-03 09:26 | 雑文