<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

パラドックス的な現象の理解

世の中には、「こうなっているはずだ」あるいは「こうなっていて欲しい」というようなことがいくつかある。しかし現実にはその期待はしばしば裏切られ、「なぜこうなっているんだろう」というような理不尽な思いを抱いた人は多いのではないかと思う。自分が抱いていることが常に「通説」とは限らないが、期待を抱いている事柄というのは、ある意味では世間もそう考えているだろうということで期待できる部分があるので「通説」に近いのではないかと考えてもいいだろう。その「通説」に反した現実が訪れてみると、そこには深刻なパラドックスがあることが感じられるのではないかと思う。

昨日ケーブルテレビで、昨年話題になった映画の「それでもボクはやっていない」というものを見た。これは痴漢冤罪を描いて裁判制度のおかしなところを描いた映画だ。裁判制度のパラドックスを提出していると言ってもいいのではないかと思う。

主人公は再三、「自分は痴漢をしていないことは事実なのだから、いつかはそれが分かってもらえるだろう」というよう思いを独白している。しかしその期待は最後までかなわない。事実と違うことが認定されて、やってもいないことで裁かれてしまう。これ以上の理不尽はないだろう。このパラドックスに実際に遭遇したら、それを受け入れるのにどれだけ苦労するだろうかと思う。論理的なパラドックスなら、論理を理解することによって、感情抜きに客観的に理解できる。しかし、この種のパラドックスは、深刻に自分の人生とかかわりを持ってくるので、感情を外に置いておいて理解することが難しいのではないかと思う。

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-04-28 09:57 | 社会

パラドックスとは何か

パラドックスという言葉は辞書的に解釈すれば、逆理ということになり、理に反することを主張していると受け取られるような言説を指す。語源的にもパラドックスは、通説(ドクサ)に反する(パラ)というギリシア語からきているらしい。このような曖昧な定義にかなうような現象は現実にたくさん見られることだろう。

たとえば今は幼児教育が盛んな時代だが、小さいころから習わせておかなければ、大きくなってから教育するのでは遅すぎるという「通説」がある。しかし一方では、小さい頃に神童と呼ばれていた子どもも、大人になってただの人になることがむしろ多い。大器晩成という現象もたくさんある。これは、素質と才能だけでトップを取れる事柄というのは、どちらかといえば単純で簡単なことが多いので、そのような分野であれば他の子どもが経験していないことをいち早くすることによって、小さい頃に神童と呼ばれるような輝きを示すことができるということに過ぎないのだろうと思う。本当に難しい偉大なことというのは、それなりの経験をつんで訓練しない限り本当の実力が身につかないということだろうと思う。

このような現象を、辞書的な意味を適用して「幼児教育のパラドックス」と呼ぶことも出来るだろう。通説に反して、小さい頃から教育をしなくても大器晩成の偉大な人物が生まれるなら、「ドクサ」に「反した」事柄が生まれたと言っていいからだ。だが、このようなパラドックスは、論理としてはそれほど深刻なものをもたらさない。それは、単に通説が間違っていたからだという解釈をすることが出来るからだ。

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-04-15 10:12 | 論理

空気を読むこととそれに支配されること

今週配信されたマル激では、ドキュメンタリー映画「靖国」の上映中止問題を中心にして言論の自由の問題が議論されていた。ある種の表現に対して、それに感情的に反発する人の圧力で、その表現が封じ込められるというのはまさに「言論の自由」に抵触する問題になるだろう。

その表現を批判するのは、これもまた言論の自由の一つに違いない。しかしそれはあくまでもまともな批判であるべきで、表現そのものを封じ込めるようなやりかたであってはいけない。映画「靖国」については、その内容のどこが批判されるべきかという内容が議論されるよりも前に、上映する映画館のほうが、映画館自体や観客にある種の損害が生じるのではないかということを危惧して上映を中止している。内容的に批判が妥当だったから上映中止になったというのではなく、暴力的な圧力によって恐怖を感じたことによって上映中止になっている。そこが結果的に言論の弾圧になっていると指摘されるところではないか。

マル激のゲストの森達也さんも鈴木邦男さんも、圧力をかけた右翼勢力の側の人のほとんどがこの映画をまったく見ていないということを語っていた。つまり内容的な批判が出来る状況ではなかったということだ。その映画に感情的に反発したのは、週刊新潮が書いた記事に「反日映画」という表現があったからだと受け取っていたようだ。

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-04-14 09:33 | 社会