<   2008年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

論理トレーニング 6 (接続の構造)

さて、接続詞の選択では、接続詞の前後の文章の論理的関係が考察された。これが「接続の構造」と呼ばれる章では、接続詞の前後だけではなく、ある主張を主題に持ったまとまりのある文章の全体に関して、論理的な接続関係の構造を捉えようというものになる。これは、部分を見る接続詞だけの考察に比べると難しい。文章全体(といってもまだ短いものだが)が何を主張しているかという読み取りは、その文章自体が論理的にすっきりしていないとなかなか読み取ることが難しいからだ。論理的な構成として優れた文章を材料にしてトレーニングしないとこれは難しい。

どんな問題を差し出してくれるかは野矢さんの腕の見せ所だが、問題は、細かい命題に番号が振ってあって、その命題の間の論理的関係を構造化して捉えるというものになる。例題で紹介していこう。


例題2
「何事かを説明するとき、われわれは必ず現実からなにがしかの距離をとらなければならない。たとえば、友人のために自宅までの地図を描いて説明することを考えてみよう。

①この場合にも、われわれはすでに「現実から一歩離れている」。つまり、
②地図を描くということは、自分で彼を家まで連れてくることとは違う。むしろ、
③現実そのものの街を彼とともに歩かないですむところに、地図を描く効用があるのである。また、
④そのような地図を描く際、われわれは自宅に辿り着くのに必要な道筋や目安を書き込むけれども、「あまりにちいさなこと」や「目安にならないこと」は書き入れない。たとえば、
⑤この家には鯉を飼った池があるとか、この魚屋はめったにまけないとか、ここによく子どもが遊んでいるといったことは書かないのである。

同様に、説明もまた、ただ事実そのものの事細かな記述ではない。何を説明するかがまずあり、それにとって必要なことのみを詳述したものが説明なのである。」


この文章は、文章全体の主題は「説明」ということの意味を明確に主張するところにある。冒頭では「現実からなにがしかの距離をとらなければならない」と主張し、結びでは「何を説明するかがまずあり、それにとって必要なことのみを詳述したものが説明なのである」と主張されている。現実から距離をとることが、現実そのものを記述することではなく、必要なものだけを語ることにつながる。この文章全体の主題を説明するときに、この主張に説得力を持たせるため、①~⑤までの論理の流れによって主張の内容を説明しようとしていると考えられる。その構造を捉えようというのがこの章のトレーニングだ。

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-02-12 10:04 | 論理

共感することと理解すること

僕は内田樹さんと宮台真司氏とが好きな著者で、その著書のほとんどを持っている。内田さんの本で持っていないのは、翻訳をしたものくらいだろうか。ただ、内田さんには「さん」をつけて呼び、宮台氏にはいつも「氏」という敬称をつけて呼んでいるように、この両者に対する感覚的な受け止め方の違いというのがある。内田さんが年上で、宮台氏が年下ということも関係しているかもしれないが、内田さんは共感を感じる対象であり、宮台氏は、その語ることをぜひ理解したいと思う対象になっている。

宮台氏に対しては、僕はその天才性をリスペクト(尊敬)している。論理的にほとんど間違えることのない人間として、その天才性を感じている。宮台氏も人間であるから、時には間違えることもあるだろうが、その間違いはすべて末梢的なものであり、単純な言い間違いのようなものだと思っている。本質的な部分では決して間違えることのない人間が宮台氏だと思っている。

だから、宮台氏が語ることはまず理解したいと思うことが先行する。共感よりも理解の方が先になる。それだけ宮台氏が語ることは難しいということでもある。それに対して内田さんが語ることは非常にわかりやすい。僕が内田さんの本を読んだ一番最初のものは『寝ながら学べる構造主義』という本だったが、構造主義を語った本で、これほど読みやすく理解しやすい本はなかった。これで僕はいっぺんに内田ファンになってしまった。

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-02-11 14:15 | 内田樹

論理トレーニング 5 (接続詞の選択)

さて、解答のない課題問題を引き続き考えてみよう。まずは次の問題だ。


問4-3
「日本でも、玄関の戸は現在では引き戸ではなく、ほとんどがドアになった。
    <しかも/しかし>、
欧米と同じようなドアでありながら、欧米と異なっているのは、外開きであることだ。ドアを内開きにすると、玄関で脱いだ靴がドアに引っかかってしまうからである。」


この問題を解くポイントは、接続詞の前後の論理の流れがどうつながっているかを正しく読むところにある。その主張が、同じ方向を向いていて、それを強化する働きを続く主張がしているのなら「しかも」を選ぶ。前半の主張は、玄関の戸がドアになったことを主張している。これに「しかも」と続けるなら、ドアだけではなく他のところも日本古来の引き戸のようなものがなくなってしまったとか、同じ論理の流れの方向での主張が続かなければならない。

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-02-10 17:48 | 論理

大岡信 「青空」について

msk222さんのエントリーへの書き込みで、大岡信の「青空」という詩を思い出した。この詩は、詩という芸術の面白さに気がつき始めたころ、青春の輝きを感じさせてくれるような、思い出深い詩だった。ずいぶん前のことなのに、この詩は小さいノートに書き込んで取ってあった。今では、インターネットで検索してもヒットしないので、どこかで探そうとしてもなかなか見つからないだろうと思う。当時(1970年代半ば)の通信高校講座で取り上げられたものだった。

全文を載せてしまうと著作権のことが気になるので抜粋を紹介したいと思う。もし関心をもたれた方がいたら、プライベートなメールなどで紹介させてもらおうかなとも思っている。それなら、誰でも見られるところに公表しているのではないので、著作権を侵さずにすむのではないかと思う。さて、この詩の冒頭の部分をまずは引用しよう。


「 一
 最初、わたしの青空の中に あなたは白く浮かび上がった塔だった。あなたは初夏の光の中で大きく笑った。わたしはその日、河原に降りて笹舟を流し、あふれる夢を絵の具のように水に溶いた。空の高みへ小鳥の群れはひっきりなしに突き抜けていた。空はいつでも青かった。わたしはわたしの夢の過剰で一杯だった。白い花は梢でゆさゆさ揺れていた。」


この冒頭の部分はすべて過去形で語られている。それがすでに終わってしまったことであることが示されている。「あなた」の存在が「わたし」にとっていかにすばらしいものであったかが、ここではこれ以上ないくらいの過剰な表現でなされている。青空の中の白く浮かび上がった塔は、それ以外の存在が目に入らない、「わたし」にとって存在するのは「あなた」だけだと言っているように感じた。

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-02-10 10:44 | 雑文

論理トレーニング 4 (接続詞の選択)

野矢さんが提出する次の問題を見てみよう。


問3
「風土そのものが持つさまざまな特徴は、具体的に人間の生活と結びついて我々自身の特徴となる。
    (a)<それゆえ/たとえば>
稲およびさまざまの熱帯的な野菜や、麦およびさまざまの寒帯的な野菜は、人間が自ら作るものであり、したがってそれに必要な雨や雪や日光は人間の生活の中へ降り込み照らし込むのである。また台風は稲の花を吹くことによって人間の生活を脅かす。
    (b)<だから/すなわち>
台風が季節的でありつつ突発的であるという二重性格は、人間の生活自身の二重性格に他ならない。豊富な湿気が人間に食物を恵むとともに、同時に暴風や洪水として人間を脅かすという、モンスーン的風土の二重性格の上に、ここにはさらに熱帯的・寒帯的、季節的・突発的といった特殊な二重性格が加わってくるのである。」


この問題の解答は、野矢さんによれば(a)は「たとえば」であり、(b)は「だから」になる。これは、野矢さんの解説を理解し納得するのはそれほど難しくない。(a)の前に書かれているのは、どちらかというと抽象的な言明で、後に書かれているのは具体的な事柄を述べている。これは、抽象的な言い方では、それだけでは内容の理解が難しいので、その理解を助けるためにイメージしやすい具体像で実例を挙げるという論理的な流れだと解釈できる。そう理解すれば「たとえば」が入ることに納得できる。

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-02-09 16:02 | 論理

論理トレーニング 3 (接続詞の選択)

さて、接続詞を選択する野矢さんの次の問題は以下のようなものだ。


問1-3
「地球を周回している宇宙船の中では無重量状態であり、それゆえ「軽くなった空気が上昇する」とか「重い空気が下がる」ということはない。
   <しかも/したがって>、
宇宙船の中でおならをしても、すぐには臭わないという。ただし、ガスが濃いまま漂っているので、それが鼻のところに来ると、臭い。」


この問題は、「しかも」と「したがって」にかなり顕著な違いがあるので分かりやすい。「しかも」の場合は、最初の言明を補強するような効果がある。野矢さんは、その言明から論理的に帰結されるであろう事柄を予想して、その予想をさらに補強したいときに「しかも」を使うという解説をしている。次のような場合だ。


<ある料理屋で、「この店はまずい、しかも高い」というようなことを言ったとき、その後に「だから入るのはよそう」という言葉が続きそうになる。この「よそう」という判断を導く理由として、まず「まずい」ということがあり、さらにその上「高い」という理由を補強して「よそう」という判断を強める効果を「しかも」という接続詞が持っている。>


問題の文章では、最初の主張で、空気の無重量状態でそれが「動くことはない」ということが語られている。接続詞の後の主張では、それが臭うという状況が語られている。すぐには臭わないが、臭えば臭いという言明だ。さて、この二つの言明が、ある共通の判断を補強しているというのは想像しにくい。

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-02-07 10:19 | 論理

論理トレーニング 2 (接続詞の選択)

今までは、野矢茂樹さんの提出する例題を考えてきたが、今度は本格的な練習問題を考えてみよう。例題では、野矢さんの解説にほぼ同意できたのだが、練習問題では気分的に違う答えを選びたくなる感じが沸いてくる。それだけ練習問題のほうが難しいということだろうと思うが、その気分の源泉がどこにあるかを考えてみたいと思う。

いずれも接続詞を選ぶ問題なのだが、まずは次の問題を考えてみたい。


問1-1
「争いごとの解決には「人による解決」と呼ばれるものがある。
    <すなわち/しかも>
それは、当事者の直接の対決を避け、当事者がともにその権威を認める第三者に解決を委ねる方法である。」


この問題の解答は、野矢さんによれば「すなわち」のほうになっている。しかし上の文章において「しかも」を入れたくなるような気分を感じる。これはどうしてだろうか。

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-02-05 09:43 | 論理

ガソリン税の継続あるいは廃止の主張の論理を分析する 1

東京新聞の「ガソリン税暫定税率 2008年1月27日 朝刊」という記事に書かれている、自民党・民主党双方の主張に対して、その論理の流れを分析してしみようと思う。その接続詞の使い方などから、その論理がどのような流れになっているかを見てみたい。まずは、自民党道路調査会長 山本有二氏へのインタビューの中から、次の主張を取り上げて考えてみよう。


「――暫定税率はなぜ継続しなければならないのか。

 「道路整備、維持の財源だからだ。自分の家の前、会社や病院までの道路を整備、改良してほしいのは全国共通の願いだ」」


ここで使われている「だから」という言葉は、その理由・根拠を提出するときに使われる。「継続しなければならない」ということの理由として、暫定税率が「道路整備、維持の財源だ」ということは果たして説得力があるだろうか。それを補強するものとして、「自分の家の前、会社や病院までの道路を整備、改良してほしいのは全国共通の願いだ」という主張もされている。

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-02-03 16:39 | 論理

論理トレーニング 1 (接続詞の選択)

野矢茂樹さんが提出する問題を詳しく考えていきたいと思う。まずは次の問題だ。


問題 次の文章において適切な接続表現を選び、どうしてそれが適切であり、他方が不適切なのかを説明せよ。

「人間関係をその結びつき方の形式によって分けると、「タテ」と「ヨコ」の関係となる。
    (a)<すなわち/たとえば>、
前者は「親子」関係であり、後者は「兄弟姉妹」関係である。また、上役・部下の関係に対する同僚関係も同様である。
    (b)<すなわち/たとえば>、
「タテ」の関係とは、同列に置かれないA・Bを結ぶ関係であり、これに対して「ヨコ」の関係は、同質のもの、あるいは同列に立つX・Yによって設定される。」


この問題を論理的に考えるには、「すなわち」と「たとえば」という言葉の概念を明確にし、どのようなときにこれらの言葉を使うのが論理的に正しいのかを確定しておかなければならない。その規定に照らして使い方が正しければ、上の問題においてもどちらが適切かが確定する。気分や口調という感覚ではなく、論理から考えてこれを使わなければならないという判断を下すことが出来る。

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-02-03 15:28 | 論理