2008年 09月 08日 ( 1 )

自民党総裁選に立候補者が乱立する理由

民主党の代表選挙が小沢氏の対抗がなく、無投票で当選が決まりそうになったとき、マル激の中で宮台氏が元代表の前原氏に立候補を促したという話をしていた。それは形だけでも対立候補を出して民主主義の形態をとっているように見せるというパフォーマンスとしての立候補というものではなかった。民主党がどんな政党であるかを、有権者の前に明らかにするために、意見表明を広く知らしめる機会としてそれを利用すべきだという理由からのものだった。

宮台氏の提言は、前原氏個人の利益のためというものではなく、小沢氏の無投票当選で、民主党が具体的にどのような政策を持っている政党であるかが見えにくくなった時にこそ、それを明確に示すために強い主張を持っている人間が立候補すべきというものだった。それは、前原氏個人の主張が民主党の主張とイコールであるというわけではない。だが前原氏が強く主張することで、対立候補がその主張に答えなければならない義務が生じる。それを通じて民主党という政党が本来どのような政党であるかが明らかになることが重要なのだという考え方をしていたように感じた。長い目で見れば、それが民主党の利益になり、ひいては民主党で中心をしめる人間としての前原氏にとっても利益となるだろうという計算だ。

結果的には民主党の代表選は誰も小沢氏に対立する候補が出てこなかった。宮台氏はこれをたいへん残念なこととして捉えていたようだった。せめて小沢氏が代表として民主党がどのような政党であるかを明らかにするような分かりやすいマニフェストを出してくれることを願うだけだ。党内の融和を優先するあまり、はっきりしない曖昧な言葉遣いでマニフェストをまとめるようであれば、派閥に遠慮して明確な政策を打ち出せなかった福田内閣とどこが違うかという批判を浴びてしまうだろう。

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-09-08 09:33 | 政治