2008年 02月 23日 ( 1 )

論理トレーニング 11 (接続の構造)

さて、解答のない課題問題を考えてみようと思う。まずは次の問題からだ。


問4 次の1~5の接続構造を記号と番号を用いて図示せよ。
1 一般に「人殺し」を問題視する人たちは、「殺す者」と「殺される者」が互いに相手を「人」として見ていることを、簡単に前提にしてしまっている。しかし、
2 信じられないような殺戮が実現される裏には、おそらく「相手」をもはや「人」とは見なさなくなっている可能性がある。だから、
3 「なぜ人を殺してはいけないのか」という問いの立て方は、あまり実情を問う問いになっていない。
4 彼らは「人」を殺そうとはしていないかもしれないからである。むしろ、
5 「なぜ人は、人を人でないものと見なせるときがあるのか」と問われねばならないだろう。


まずはそれぞれの接続詞が示す、その前後の主張の関係を取り出すと次のようになるだろう。

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-02-23 10:47 | 論理