2008年 02月 21日 ( 1 )

内田樹さんへの共感

内田さんの一番新しい本『ひとりでは生きられないのも芸のうち』(文藝春秋)を読んでいる。この本も随所に共感できる言葉があふれている。まずは、まずは長い「まえがき」からそれを拾い出してみよう。

内田さんは、この「まえがき」を「「あまりに(非)常識的に過ぎるので、あえて言挙げしないこと」があまりに久しく言挙げされずにいたせいで、それが「(非)常識」であることを忘れてしまった方がずいぶんおられるように見えます」ということから書き始めている。僕が年をとって保守的になったせいもあるかもしれないが、このような語りにうなずいて共感する自分を感じる。

同時に、今まで常識とされてきたことに抵抗し、それを改革してきたところに進歩を見ることもできるので、それがちょっと行き過ぎて非常識が蔓延するのも、進歩の代償として仕方のないものかという思いも感じる。両方の思いがあるということは、そのことをあえて言葉にすることに価値があると言えるだろう。常識を壊されたと思う人は、その常識を壊すことを非難するだけだろうが、それが進歩だと考えている人は、それは古いものを無批判に守っているだけにしか見えないだろう。

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-02-21 10:03 | 内田樹