2008年 02月 16日 ( 1 )

論理トレーニング 8 (接続の構造)

さて、次に野矢さんが提出する練習問題を見てみよう。これも接続の構造を分析するものだ。


問1 以下の文章は、日本の「洋間」を訪れた外国人がその部屋を「和風」だといって賞賛するという設定の発言である。1~5の接続構造を記号と番号を用いて図示せよ。
「窓が大きくて、天候の変化や季節の変化が部屋全体の雰囲気に影響を与えているのも、和風の最たるものよね。ヨーロッパでは屋外の変化をシャット・アウトしちゃうの。窓を小さくしてね。それから、この大きな窓が南向きなのも、和風ね。朝から陽が入って、夕方の西陽までが、だんだんめぐっていくのね。
1 こういう陽当たりをヨーロッパでは嫌うわ。
2 ワニスをたっぷり塗った年代物の家具が色あせるし、
3 乾きすぎるとヒビワレが来るでしょう。
4 カーペットも色あせるから陽当たりには出したくないの。だから
5 ヨーロッパでは南向きの部屋は安くて、北向きは高いの。」


この文章を論理的に分析するのは意外と難しい。なぜなら、文章が日常会話の言葉で語られていて、論理を直接示す接続詞があまり使われていないからだ。会話の中で、いちいち接続詞を使って論理を確認しながらしゃべる人は少ないのではないかと思う。上の5つの主張は、その内容から、論理のつながりを解読していかなければならない。

More
[PR]
by ksyuumei | 2008-02-16 09:45 | 論理