2007年 01月 02日 ( 1 )

歴史とは何か

なみふくくんから「亜インテリ論にまつわる様々な抜粋・覚え書き」というトラックバックをもらった。僕は、亜インテリが悪いというような道徳的な主張をしているのではなく、亜インテリが権力に近づき、権力を握って真のインテリを追い出すという構造に問題があると思っている。

亜インテリと真のインテリに対して、大衆が妥当な判断をしていれば、亜インテリが簡単に権力を手にするということはなくなるだろう。またインテリ予備軍が、真のインテリに対するリスペクト(尊敬)の方向へ行き、代替的な権力志向を持つような亜インテリにならなければ、問題のかなりの部分が解決できるだろうと思っている。

このような方向への解決は大部分が教育の力に依存するものだろう。暗記量の多さのみが高い学力として評価されるような教育制度の下では、亜インテリと真のインテリの区別をつける力を養うのは難しい。亜インテリの方が、むしろいまの学校教育制度の下での優等生が多く、記憶量では真のインテリをしのぐ可能性さえあるからだ。

More
[PR]
by ksyuumei | 2007-01-02 10:03 | 科学