2006年 11月 16日 ( 1 )

内田さんのフェミニズム批判の意味を考える 5

瀬戸さんの「母親と保育所とおむつ」というエントリーの最後に書かれた、内田さんの「2006年07月23日 Take good care of my baby」の中の三砂さんの研究に関する部分の判断(解釈または感想)について考えてみようと思う。まずはそれを箇条書きにしてみる。


1「現実とは乖離した理想論」
2「その非を唱える者を「フェミニストたち」と十把一からげに論じていくのは、果たして学者として正しい論理の構築なのか」
3「内田さんは結局「母親よ家に帰れ」と言う結論に行き着くのだろうか」


このいずれの判断に対しても僕は異論があるので、その違いを考えてみたいと思う。ただ、瀬戸さんはこの判断を最後に結論だけを書いているので、その結論が導かれてきた具体的な道筋というものが僕には分からない。だからそれを一般的に想像してこんなものではないかとものを提出して、僕はそのように考えなかったという形での異論を述べることになる。だから、僕が想定した一般論を瀬戸さんが考えていなかったら、この反論は的はずれと言うことになるのだが、とりあえずは内田さんの言説をこのようには受け取らないと言う考えもあるということは示せるだろうと思う。

More
[PR]
by ksyuumei | 2006-11-16 10:19 | 内田樹