2006年 09月 23日 ( 2 )

瓜田に沓を納れず、李下に冠を正さず

『期間限定の思想(おじさん的思考2)』(晶文社)の中で内田樹さんがタイトルのような古諺を使って面白い公人論を語っている。政治家を始めとする「公人」は、どのような存在でなければならないのか、それを実に分かりやすく直感的に理解出来るように語っている。

タイトルの古諺の意味は次のようなものである。


「瓜田に沓を納れず李下に冠を正さず
(かでんにくつをいれずりかにかんむりをたださず)

 疑惑を招くような行為は避けた方がよいということ。瓜の畑で靴を履き直せば、瓜を盗んでいるのではないかと疑われ、李(すもも)の木の下で手をあげて冠の曲がったのを直すと、李を盗んでいるのではないかと疑われるというたとえから、疑わしい言動を戒める。」

More
[PR]
by ksyuumei | 2006-09-23 18:29 | 内田樹

竹中大臣の議員辞職の直感的理解と論理的理解 その3

河野太郎衆議院議員の「ふざけるんじゃねえ」という文章の論理的理解というものを考えている。論理的理解というのは、前提と結論の間に論理の飛躍が感じられず、その結びつきに納得出来るような理解をしようというものだ。

竹中大臣の議員辞職には何かおかしいというような直感を感じる。その直感が、よく考えた上でもやはりおかしいと思えるのか、それともおかしいと感じたのは自分の勘違いであり、ある種の思い込みから生まれた間違った判断であるのか、それを確かめるために論理的な理解というものを考える。

河野さんが提出する批判の論理的な理解は、任期途中で仕事を離れるのは、竹中大臣に一票を投じた人々の期待を裏切ることであり、責任を放棄するものだということだ。これは、論理的にはそのようなことが成立すると思う。仕事を全うしないことに対する責任は免れないだろうと思う。

More
[PR]
by ksyuumei | 2006-09-23 12:52 | 論理