2006年 09月 18日 ( 1 )

科学における定義について

三浦つとむさんは、ソシュールの「言語」の定義が、実際に表現された具体的な言葉としてのものではなく、頭の中の認識である規範になっているという批判を行っていた。これは、「言語」の定義としてはふさわしくないと言う批判だ。これは、具体的なコミュニケーションの場で使われる「言語」について解明しようとする三浦さんとしては、その理論の展開からすれば当然すぎる批判だろうと思う。規範はコミュニケーションの道具ではあってもコミュニケーションそのものではないからだ。

しかしソシュールは具体的なコミュニケーションを分析しようとしたのではないように僕には見える。ソシュールは、そもそもは様々な具体的な言語の成立と変遷の歴史を研究していたように見える。ソシュールにとっての関心は、具体的なコミュニケーションの場で使われる言語ではなく、まさに規範としての言語がどのような歴史を持っているかと言うことだったのではないだろうか。

僕はソシュールの「一般言語学」という言い方がとても気になっていた。これは「一般の」「言語学」なのか、「一般言語」の「学」なのかということだ。「一般」という言葉には、普遍性や抽象性というものがあるように感じる。「一般の」「言語学」であれば、すでに確立された「言語学」がいくつかあって、それに共通な要素を抽出して一般化するというようなニュアンスを感じる。ソシュール以前には、比較言語学というものがあったようだが、いくつも言語学が確立されていたのではないようだ。むしろソシュールによって初めて言語学が確立されたように言われている。

More
[PR]
by ksyuumei | 2006-09-18 12:13 | 言語