2006年 09月 10日 ( 1 )

能力の高さと志の高さの関係

最新のマル激トーク・オン・デマンドには自民党の広報改革の中心にいた世耕弘成氏(参議院議員)をゲストに招いて議論を展開していた。広報という分野における世耕氏の能力の高さというものを強く感じる議論になっていた。いわゆる頭の切れる人間というのは、このようなタイプなのではないかと感じるくらいだった。

世耕氏の能力の高さを感じるのは、その分析力の高さだ。あらゆる可能性を考察の対象に出来るというフィージビリティ・スタディというものが出来る人間ではないかと感じた。日本人的な感情のロジックにとらわれていると、自分に都合のいい、感情的に気持ちのいい方向での考察はよくできるけれど、都合の悪い方向・感情的に嫌いだと思えるような方向での考察は抜け落ちることが多い。

世耕氏は、そのような感情を排して、対象を冷静に突き放して分析するという能力に優れているように感じた。このような能力を持っている人間は、失敗から学ぶことが出来る。二度と同じ失敗を繰り返さないという反省が出来るようになる。このような能力がとても高いのではないかと、世耕氏の話を聞いてそう感じた。

More
[PR]
by ksyuumei | 2006-09-10 11:37 | 雑文