2006年 08月 31日 ( 2 )

名探偵は謎解きの際にどのように「考えて」いるのか

内井惣七さんの『シャーロック・ホームズの推理学』(講談社現代新書)には、名探偵シャーロック・ホームズの推理を巡って興味深い記述がある。名探偵の推理くらい「考える」と呼ぶにふさわしい現象はないかも知れない。それは知っていることを語るのではなく、まさに未知なる謎を解明すると言うことになるので、「考える」と言うことにふさわしいものであるように見える。

僕は小学生の頃にシャーロック・ホームズの物語に夢中になってそればかり読んでいた時期がある。それが後になって数学の論理に関心を持つような素地を作ったのではないかと思う。尊敬する三浦つとむさんも探偵小説のファンだった。三浦さんはそこに弁証法の論理を見出し、探偵小説を楽しむことで弁証法論理の訓練にもなったと語っていた。

探偵小説の謎解きの面白さは、バラバラに提出された事実が、謎が解けて来るに従って見事に線となってつながってくることの合理性にあるように感じる。だから、この合理性が、ちょっと強引でご都合主義的に見えたりすると、謎解きの楽しみが半減してくるのを感じる。どのような謎解きが見事な合理性を持っているのかを考えてみたいと思う。そこに論理の面白さも発見出来るのではないかと思う。

More
[PR]
by ksyuumei | 2006-08-31 09:51 | 論理

政治は大衆運動だろうか?

「政治は大衆運動だろうか?」などと疑問文で書いたりすると、それは「そうではない」というような答を暗に主張しているようなものだ。こんなことを考え始めたのは、うるとびーずさんの「田中流選挙」という日記で紹介されていた、「戸田の分析:あえて勝利第1主義を採らなかった田中流選挙の美学と達観」という文章を見たからだ。

長野県知事選で田中康夫さんが落選したとき、僕は、政治的な主張としては田中さんの方が正しいだろうと感じていた。その田中さんが選ばれなかったのは、長野県民は選択において間違いをしたのではないかと思った。しかし、たとえそれが間違った選択であろうとも、現実にそのような選択がなされた以上、これが現実化したことの合理的な理由が求められるはずだと思っていた。何故に田中さんは知事選に敗れたのか。それを合理的に納得したいと思った。

直接の敗因は、かつて田中さんを支持した人たちが今度は対立候補の支持に回ったので、結果的に票を失ったというものだった。そこでは、信濃毎日を始めとするマスコミなどの攻撃が、田中さんに対する誤ったイメージを植え付けるのに成功したと言うことも語られていた。このことは、バックラッシュ現象の一つではないかと僕は解釈して、その方向で選挙結果を理解しようとした。

More
[PR]
by ksyuumei | 2006-08-31 00:20 | 政治