2006年 04月 06日 ( 1 )

論理的理解が出来ない二流の言説

umehoushi氏からトラックバックをもらって、「方法について(1) Faith in Science-マククリントック女史の憂鬱-」というエントリーを読みにいったのだが、ここには、僕が批判的に検討してきた二流の言説の特徴がよく出ている。

それは、一言で言えば、明らかに批判出来るような欠点のあるものを、批判したいものに勝手に貼り付けて、「だからダメだ」と語るような言説だ。最初から批判出来るものを批判しているのであるから、これは分かりやすく、しかも失敗はない。しかし、それは本当に批判したいものとは何の関係もない、独り言に過ぎない。

More
[PR]
by ksyuumei | 2006-04-06 10:12 | 論理