2006年 04月 05日 ( 1 )

テレビ報道の二流性

今朝テレビのニュースを見ていたら、川崎でのマンションから男児を投げ落としたという事件の報道をしていた。容疑者として逮捕された男が、いかに理解しがたいひどい男であるかというのを分かりやすく報道していた。僕はここに二流性を感じる。

ひどい犯罪を犯したのだから、ひどい面があるのが当たり前で、そんなものは探せばいくらでも見つかるだろう。あれほどのひどい犯罪を犯さない普通の人だって、叩けば埃くらい出るのだから、犯罪を犯した人間が何もひどい面がなかったとしたら、それこそ理解不可能な出来事になってしまう。

テレビの報道は、あの事件を単純に理解するためには実に有効な報道だと思った。ひどいやつがひどい事件を起こした。犯人は、理解しがたい非人間的な男だ、そう受け止めていればかなりの人が落ち着くのではないかと思う。しかし、人々を落ち着かせたからと言って、この報道は現代社会をより深く理解するためのはまったく役に立たない。

More
[PR]
by ksyuumei | 2006-04-05 08:39 | 報道