2006年 03月 31日 ( 3 )

公文書か私文書か

「百条委、論点整理の全議事録」で議論されている、公文書か私文書かという議論はなかなか興味深い。それは、各議員が語っている論理が、論理として真っ当であるかどうかが極めて明瞭に判断出来る形で提出されているからだ。

ここで問題にされているのは、「田附保行証人の私的メモ」が、公文書に値するものかどうかと言う「事実」だ。もしこのメモが公文書だとすると、「田附保行証人が「私文書」及び「私的メモ」と証言したことは偽証と認定することが妥当」になるからだ。しかも、このメモが、後に田中知事が廃棄するように指示したものと考えられてもいるようだ。

この議論は、今度の告発における中心をなすくらい重要なものだと思われるのだが、考察に先立って、一般論として「公文書」と「私文書」について考えておきたいと思う。僕は、何が「公文書」であるかは、極めてハッキリとしたルールによって決められているのではないかという気がしてならない。つまり、そのルールに従っているかどうかで、「公文書」であるかどうかは、形式論理的に決定されるようなものではないかと感じている。

More
[PR]
by ksyuumei | 2006-03-31 23:22 | 政治

事実と解釈の混同

「百条委、論点整理の全議事録」に、論理的になかなか興味深い記述がいくつか見つかったので考察してみようと思う。まずは、15番目の平成15年2月17日、下水道課の問題というもので、「不可解な政策決定がなされたという事実」を巡る議論だ。

これは、「公共下水道の佐久南部が3年に1度の入札時期を迎えることについては、どういった対応をすればいいのかという問題」で、「土木部からの問に対する回答は、近藤証人が作成したというものの、小林誠一氏や田中知事に確認をとったのかについては、誰の記憶にもなく」と言うことが「不可解な政策決定」という判断がされている。

これは、「不可解」などと言う不可解な言葉を使って表現することがまず間違いだろう。どうとでも解釈可能な表現で対象を表現すれば、これは事実として認定出来るはずがない。「不可解」だというのは、客観的に決められるのではなく、そのような印象を持ったと言うことを示しているだけだ。

More
[PR]
by ksyuumei | 2006-03-31 21:50 | 政治

百条委の議論を分析してみた

百条委の記録を、とても全部読む気にはなれなかったので、「百条委、論点整理の全議事録」のみでちょっと考えてみようと思う。

これは、2006年2月8日、長野県百条委員会の全議事録らしい。百条委の記録そのものは、膨大な量に上り、この中から本質的な部分に関わっているだろうというものを探し出すだけでもたいへんだ。そこで、それはこの記録を作った青山さんという方にまかせて、たぶんこの記録に、かなり本質に関わることが書かれているだろうという期待で読んでみようと思う。

More
[PR]
by ksyuumei | 2006-03-31 20:49 | 政治