2006年 03月 20日 ( 1 )

二流問題の考察--簑田胸喜の場合

「『狂気乱舞』」と題されたページに、簑田胸喜に関する膨大な資料がある。ここに書かれている簑田胸喜の姿を考察することによって、二流問題というものを考察してみようかと思う。考察のポイントは次のような所だ。

1)思想の二流性(本質からはずれた末梢的な部分の考察になっていないか)
2)権力の獲得(思想としては二流なのに、なぜ権力を獲得出来たか)
3)一流の学者に対する攻撃性(どのようなルサンチマンが積み重ねられて、このような行為につながるのか)
4)マイナスの評価だけではなく、プラスに評価出来る部分があるのか(その評価がマイナスだけだったら、多くの人が支持することの理由が分からない。もしマイナスの評価しかしなかったら、それを支持した多くの人は単なる馬鹿だったとしか結論出来なくなる。それはあまりにも浅はかな見方だと思うので、人々がどの面を高く評価して、全体としても優れていると錯覚してしまったのか、その点を考えたい。)

More
[PR]
by ksyuumei | 2006-03-20 10:29 | 雑文