2006年 02月 20日 ( 1 )

「論理」とは何か

僕は「論理」というものの定義を、世界の持っている法則性を捉えたものと考えている。世界というのは、自分が存在している環境の一切を含む対象だ。この環境は具体的な物質的存在もあるし、主観の中の存在も自己と区別出来るものは環境という世界として捉える。

この世界の法則性のうち、言語が持っている法則性を捉えたものに形式論理と呼ばれるものがある。形式論理は、表現の形式の法則性を捉えたものであるから、存在を対象にしてはいない。それは言語による表現と関わるものだ。だから、形式論理では存在の内容に関しては何も語ることが出来ない。それを捨象して、表現に現れてくる形式のみを考察の対象とするからだ。

More
[PR]
by ksyuumei | 2006-02-20 10:03 | 論理